クレジットカードの解約方法

年会費無料、割引サービス、ポイント制度は当たり前。

カード利用に応じたキャッシュバックもあれば、

買ったものを補償してくれたり、海外旅行保険が自動付帯されていたり、

個人輸入の代行やお米の宅配までしてくれる、なんてユニークなクレジットカード。

 

今や、カードを複数枚所有することはあたりまえの時代です。

クレジットカード保有者一人当たりの平均保有枚数は3枚といわれています。

 

でも、サイフの中にカードが3枚も4枚もあると煩わしく感じますよね。

「いつか整理しないと・・・」思いながらも、

ついつい忙しさにかまけて延び延び状態になりやすいものです。

 

でも無駄なカードがあると様々なデメリットが生じます。

「スリーピングカード」と呼ばれる、使われていないカードや

義理カードばかりで少しも活用せず、年会費だけ取られ続けている人も多いはず。

 

ここは一念発起して、思い切ってカードを解約してしまいましょう。

 

カード解約の手続きは、残債さえなければ、電話一本で簡単に済ませることができます。

解約後のクレジットカードは、ハサミで真っ二つにすればいいだけのこと。

なにも面倒な作業は要求されません。

 

解約を思い立ったら、すぐ実行するようにしましょう。

グズグズしていると、次年度の年会費が取られてしうこともあります。

有効期限月以内に申し出れば、解約に応じてくれますが、忘れてしまうこともありますので、

少なくとも有効期限月の3ヶ月前までには申告しておきましょう。

 

また、カードを乗り換える前に確認しておきたいことは、カードの発行元はどこかということ。

これから乗り換えようとするカードと、解約したいカードが同じ発行元なら、

利用歴もそのまま移行できますし、審査も簡単にやってもらえるので話が早く進みます。

 

また、申込書にカードを切り替える旨を書いておけば、それまで獲得したポイントがそのまま生きます。

年会費が二重にならないように、入会時期を配慮してくれる場合もあります。

VISAならやっぱり三井住友VISAカード! インターネット入会なら最短1週間のカード発行!
お申込はこちら
三井住友VISAカードは世界中で認知されているため、 ゴールドカード並のブランド力を持っている上、 このクレジットカードは電気、ガス、水道などの公共料金の他、 新聞購読、放送料金、税金など、 様々な場面で使えてポイントが貯まるのも強みといえます。 もちろん年会費は永年無料!
ネット通販のポイントで、 圧倒的に人気なのが、 楽天スーパーポイントです。 一般店での還元率が1%と高水準の上 楽天市場の買い物では決算方法に関わらず、 基本1%分のポイントが付与されるので、 合計2%分のポイントが獲得できます。
申込はこちらへ
当然、年会費は永久無料!
トラックバック

クレジットカードの解約方法に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする