初めての人のカード選び

初めてクレジットカードを作る人は

「どんなカードを何枚持つべきか。」

という疑問を持っているはずです。

 

昔はカードを持つことがステータスのようにいわれてきましたが、

これからは限られた数のカード最大の恩恵を受けられるようにすることがベストです。

 

できれば2枚を厳選して持って、

メインサブとして、徹底的に使いこなすようにしましょう。

 

まず、最初の一枚、メインカードを選ぶ基準

メインカードはカードライフの基本となるカードで、

常に携帯し、日頃の支払いなどに用いる重要なカードなので、

まず自分を証明できるIDカードとなりうることが第一の条件です。

 

基本的には、カードの基礎体力で選びます。

基礎体力とは、カードの汎用性・安心度・コストの3つで決まります。

 

たとえば汎用性の高さでいえば、

加盟店の多いカードということになります。

 

コスト性でいえば、コストの高いゴールドカードではなく、

一般のカード、しかも年会費無料のものを選びたいところ。

 

次にサブカードですが、

その際の条件としては、自分のライフスタイルや趣味にあった

カードを選ぶのがコツです。

 

私鉄沿線に住んでいるなら、私鉄系カード。

支払いの上でより便宜を図りたいなら分割払いのできるカード。

何か社会の役に立ちたいと思う人は、

利用額の一部が寄付される社会貢献カードを持つとよいでしょう。

 

さらにカード選びのコツとしては、

VISA,マスター、JCBの国際カードを

ダブらせないように持つようにすると後々役に立つでしょう。

 

現在は、VISA、Master Card、JCB、ダイナーズクラブ、アメリカン・エキスプレス

が5大国際ブランドと言われています。

VISAならやっぱり三井住友VISAカード! インターネット入会なら最短1週間のカード発行!
お申込はこちら
三井住友VISAカードは世界中で認知されているため、 ゴールドカード並のブランド力を持っている上、 このクレジットカードは電気、ガス、水道などの公共料金の他、 新聞購読、放送料金、税金など、 様々な場面で使えてポイントが貯まるのも強みといえます。 もちろん年会費は永年無料!
ネット通販のポイントで、 圧倒的に人気なのが、 楽天スーパーポイントです。 一般店での還元率が1%と高水準の上 楽天市場の買い物では決算方法に関わらず、 基本1%分のポイントが付与されるので、 合計2%分のポイントが獲得できます。
申込はこちらへ
当然、年会費は永久無料!
トラックバック

初めての人のカード選びに対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする