年会費無料か、有料か

カードを選ぶとき、年会費が無料かどうかは、

大きなポイントになります。

 

クレジットカードにはポイントサービスや付帯サービスが用意されていますが、

その内容はカードによって千差万別です。

 

たとえ年会費が有料であっても、

ポイントサービスや付帯サービスが充実していれば、

年会費無料のカードよりもお得なケースが多々あります。

 

反対に、年会費無料のカードでも、

中途半端な有料カードよりもサービスが充実しているカードもあります。

 

年会費だけにとらわれず、サービス内容も考慮に入れた上で、

自分にとってベストなカードを選ぶようにしましょう。

 

一般カードか、ゴールドカードか

一般のクレジットカードか、ゴールドカードか、

どちらにしようか迷う人も多いでしょう。

 

ゴールドカードのメリットはステータスと付帯サービスです。

 

海外のホテルでも、ゴールドカードならではの信頼感がもたれ、

一般カードとは一味違うサービスが受けられることもあります。

 

さらに海外旅行傷害保険の充実や、

空港ラウンジの無料利用など、

ワンランク上のサービスが期待できます。

 

デメリットは年会費がカードによっては1万円以上もすること。

そして、入会に年齢や年収にきびしい条件がつくことです。

 

ただし、最近は年齢・年収の条件も緩く、

年会費も数千円で持てるゴールドカードが出始めています。

VISAならやっぱり三井住友VISAカード! インターネット入会なら最短1週間のカード発行!
お申込はこちら
三井住友VISAカードは世界中で認知されているため、 ゴールドカード並のブランド力を持っている上、 このクレジットカードは電気、ガス、水道などの公共料金の他、 新聞購読、放送料金、税金など、 様々な場面で使えてポイントが貯まるのも強みといえます。 もちろん年会費は永年無料!
ネット通販のポイントで、 圧倒的に人気なのが、 楽天スーパーポイントです。 一般店での還元率が1%と高水準の上 楽天市場の買い物では決算方法に関わらず、 基本1%分のポイントが付与されるので、 合計2%分のポイントが獲得できます。
申込はこちらへ
当然、年会費は永久無料!
トラックバック

年会費無料か、有料かに対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする