入会審査でなぜ落ちる?

入会希望者から申込書が送られてくると、

カード会社はそれをもとに入会審査を行います。

その内容は、大きく分けて、本人確認と返済能力についてです。

 

本人確認というのは、入会希望者が本当にその人であるのかどうか

ということを確認することです。

 

年齢、職業、勤務先、自宅住所などを通じて、確かにその人本人なのかを調べます。

この場合、電話帳に名前が記載されていなかったり、

勤務先に連絡しても「いません」としか対応されなかった場合には、

入会を断られる可能性もあります。

 

返済能力についてはカード会社にとって最重要です。

年収はいくらで、安定しているか、賃貸か持ち家かなどを調べます。

 

カードの発行後も、カード会社は数年ごとに

会員のカードの使い方に異常がないかどうかを調べます。

 

急にキャッシングが増えたとか、支払いが滞りがちになってきたとか、

短期的に集中的に利用しだしたなどの異常を見つけた場合、

カード会社がその会員に問い合わせを行うこともあります。

予想を超えた利用状況の場合は、カードが解約されてしまう場合もあります。

 

以上のように、カード会社が独自に蓄積しているデータに基づいて診査するものもありますが、

さらに入会の審査では、信用情報機関からのデータを取り入れ、

自社のデータではつかめない広範囲の利用状況も調査します。

 

その入会希望者が他社ではどのような借入を行っていたか、

ブラックリストに載っていないかなど、過去のデータ履歴を調べます。

 

この信用情報機関とは、全国各地にある銀行協会個人信用センターや、

株式会社信用情報センターなどがあります。

 

3ヶ月以上延滞すると、その人の名前はブラックリストに載り、

新たにカードを作ることができなくなってしまいます。

 

このように、カード会社は自社データによる審査と、信用情報センターから得た情報を照合して、

独自の総合的判断を加えて入会の可否を決めているのです。

 

とはいえ、一度ブラックリストに載ったからといって、

「もう自分は一生、クレジットカードは作れない」ということはありません。

VISAならやっぱり三井住友VISAカード! インターネット入会なら最短1週間のカード発行!
お申込はこちら
三井住友VISAカードは世界中で認知されているため、 ゴールドカード並のブランド力を持っている上、 このクレジットカードは電気、ガス、水道などの公共料金の他、 新聞購読、放送料金、税金など、 様々な場面で使えてポイントが貯まるのも強みといえます。 もちろん年会費は永年無料!
ネット通販のポイントで、 圧倒的に人気なのが、 楽天スーパーポイントです。 一般店での還元率が1%と高水準の上 楽天市場の買い物では決算方法に関わらず、 基本1%分のポイントが付与されるので、 合計2%分のポイントが獲得できます。
申込はこちらへ
当然、年会費は永久無料!
トラックバック

入会審査でなぜ落ちる?に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする