入会審査の採点システム

 

クレジットカードの審査については、

いまだにブラックボックス的な部分がたくさんあります。

銀行やカード会社によって審査基準ももちろん異なります。

 

入会を許可してもいいかを審査するときに、

その信用度を判断するための採点システムのことを、スコアリングシステムといいます。

 

その材料となるのが、入会希望者が送付してくる申込書です。

どんな職業に就いているのか、年収はいくらなのか、どんな家計の状況なのか、

過去に支払に関する問題はないか、などという項目をポイントに置き換えて、

配点は各項目1~20点ぐらいで、点数によって判断します。

 

例えば職業ですが、これは職種によって大きく差があります。

最もポイントが高いのは公務員です。

逆に、評価が低い職業は、離職率の高い職種になります。

また、フリーランスや自営業の方も、一般的なサラリーマンよりも年収があるとしても、

いざ信用度となると、かなり低くなってしまいます。

 

また、会社の在籍年数や、住居への居住年数も採点に影響します。

 

ちなみに、「クレジットカード申請時に嘘の記入をすれば、簡単に審査が通るのではないか?」

と考える人がいますが、当然、それらの結果を個人信用情報機関から

得られるデータと照合したり、収入証明書などの提出が求められますので、

その辺りはしっかりと確認されます。

適当なことを書いてカードが発行されることはありません。

 

そして、総合的に評価し、合計点が一定数以上なら、

入会を許可し、それ以下なら拒絶するという枠を決めています。

 

ちなみに、各項目の何を取り入れるのかは、各カード会社によって異なりますが、

この不況でとくに重要視されているのが、勤務先と居住年数です。

 

いくら有名企業に勤めていても、そこが不良債権にどっぷり遣っていたり、

リストラに積極的な会社だったりすれば、自然と審査も厳しくなります。

 

また、毎年引越を繰り返すような人は、

サラ金の取立てから逃れているのではないかなども疑われます。

カード会社としても会員の居所がつかめなくなることは、一番怖いことだからです。

 

また、銀行系カード会社は本人よりも、

バックにあたる勤務先や役職を重視する傾向にあるため、

他系列のカードに比べると入会が難しいです。

 

一般的に入会しやすいのは流通系カードで、

限度額を上下に何種類か設定しているので、

主婦を含め幅広い利用者を取り込んでいます。

 

ちなみに、既に複数枚のクレジットカードを持っている場合、

1枚1枚の利用限度額は30万円程度でも、

何枚も持てば200万、300万と膨れ上がります。

 

この利用限度額が年収に比べてあまりに大きくなると、

新たにカードを申し込んでも入会審査で落とされてしまい、

希望通りのカードが持てなくなる可能性があります。

VISAならやっぱり三井住友VISAカード! インターネット入会なら最短1週間のカード発行!
お申込はこちら
三井住友VISAカードは世界中で認知されているため、 ゴールドカード並のブランド力を持っている上、 このクレジットカードは電気、ガス、水道などの公共料金の他、 新聞購読、放送料金、税金など、 様々な場面で使えてポイントが貯まるのも強みといえます。 もちろん年会費は永年無料!
ネット通販のポイントで、 圧倒的に人気なのが、 楽天スーパーポイントです。 一般店での還元率が1%と高水準の上 楽天市場の買い物では決算方法に関わらず、 基本1%分のポイントが付与されるので、 合計2%分のポイントが獲得できます。
申込はこちらへ
当然、年会費は永久無料!
トラックバック

入会審査の採点システムに対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする